思い出深いオアステペック林間学校

中学部1年生として小学部の下級生を引っ張る役割と

中学部の2、3年生の姿からリーダーシップを学び、充実した3日間でした。

クラスの目標は、キャンプファイヤーでの火の子の言葉通り

「大人になっても心に刻まれるように、全員で思いっきり元気に楽しもう」でした。

キャンプファイヤー最後のキャンドルサービスでは、ともされたキャンドルの火を

ジッと見つめ、みんなの友情やこの3日間の頑張りを刻み、

とても思い出深い林間学校となりました。