人間、やさしささえあれば、やらなきゃならねえことは、きっとやるもんだ。

上記タイトルの考えさせられる言葉は、齋藤隆介さん作【モチモチの木】の中でじさまが豆太に語った言葉です。3年生の優しい子どもたちは、オンラインであってもそれぞれの持ち味を生かし、役割分担をしながら日々の学習や行事に取り組んできました。仲間がメキシコと日本で離ればなれになりながらも、互いを思いやりながらそれぞれの持ち場で努力を重ね、前向きに切磋琢磨しています。リセオに集って学び合える日がくることを信じ、4年生に向けて学習のまとめをしていきます。

小3②  小3①